管理受託前のコンサルタント業務

サヴィルズがアジア太平洋地域で提供している高い専門性を有するプロパティ・マネジメント・サービスはお客様から高い評価を受けています。現在管理している物件は、一等地のオフィスビル、高級住宅、ショッピングセンター、産業施設など約7200万㎡に及び、日本では約41万㎡に及ぶオフィスビル、店舗、高級住宅等を管理しています。

業務内容

開発案件の初期段階からコンサルタントとして参加する場合、求められる役割に応じて専門チームを編成し、将来の適切な管理運営計画を立案・実施します。

業務の進め方

備えあれば憂いなし。サヴィルズでは開発に着手する前に、テナントの視点から設計、技術、保守面の重要課題を徹底的に分析し、事前に報告します。これにより、設計上の根本的な問題を回避し、開発にかかる時間と費用を最小限に抑えます。

お客様

国内外の著名企業など。

 
 

Key contacts