商業施設

サヴィルズのリサーチ&コンサルティング部は商業施設レポートを年二回発行します。東京と地方主要都市の賃料、稼働率動向に加え、投資動向等を綿密な調査と分析基づきお伝えします。

最新のレポート

placeholder

商業施設 2017年4月
2017 年 04 月 26 日

1階の賃料は一時的な調整の後に安定的に推移している。緩やかに改善している経済環境及び堅調な観光産業の動向を鑑みると、商業施設の業績向上の可能性がある。(全文は英文のみ)

 

リサーチ検索結果: 5 件

 
商業施設 2016年10月

商業施設 2016年10月

2016 年 10 月 24 日

2015年以降堅調な賃料基調は安定して推移している。1階の賃料はやや軟調であったが、1階以外の賃料は堅調であり、市場全体としてはほぼ横ばいとなった。消費者態度の改善と小売業の売上げを鑑みると、ゆるやかな賃料上昇が期待できうる。中国人の「爆買い」は新設の輸入関税の影響で減少したが、長期的には観光客の消費額は上昇基調で推移する見通しである。(全文は英文のみ)

 
 
 
商業施設 2016年4月

商業施設 2016年4月

2016 年 04 月 19 日

賃料上昇は昨今の経済展望の不透明感を背景にほぼ横ばいとなっている。しかし、投資全額は増え続け、再開発案件が東京の主要地区を活性化している。記録的な数の訪日観光客を背景に、一部の小売業の売上げ上昇に期待ができる。(全文は英文のみ)

 
 
 
商業施設 2015年9月

商業施設 2015年9月

2015 年 09 月 25 日

世帯消費と訪日観光客の増加は小売業にとって追い風となっている。特に大都市において坪効率は上昇しており、今後も上昇基調が続くと期待される。賃料負担力の向上は賃料上昇の礎になると予想される。(全文は英文のみ)

 
 
 
商業施設 2014年7月

商業施設 2014年7月

2014 年 07 月 17 日

日本の都市化の進行を背景に、人口は大都市とその周辺に集中している。安倍内閣と日本銀行が経済回復を促進すると期待される中、主要な繁華街や郊外の商業施設は上昇基調で推移すると見られる。(全文は英文のみ)

 
 
 
商業施設 - 1H/2011

商業施設 - 1H/2011

2011 年 07 月 30 日

大阪と福岡の商業販売が好調だった半面、大震災の影響もあり首都圏と名古屋の落ち込みが目立つ。福島第一原発事故とそれに伴う節電要請が影を落とすものの、消費者心理の持ち直しを背景に首都圏では売り上げの増加が今後期待される。

 
 
 

Key contacts

金子 哲也

金子 哲也

ディレクター、部長
リサーチ&
コンサルティング部

サヴィルズ・ジャパン株式会社

+81 3 6777 5192

 

管野 吉洋

管野 吉洋

アソシエイト
リサーチ&
コンサルティング部

サヴィルズ・ジャパン株式会社

+81 3 6777 5142

 

最新情報の配信登録

 

最新のリサーチレポートをEメールでお届けします。