物流施設

サヴィルズのリサーチ&コンサルティング部は物流施設レポートを年二回発行します。東京、大阪の物流施設稼働率と賃料の動向、新規供給の見込み、投資動向等を綿密な調査と分析に基づきお伝えします。

最新のレポート

placeholder

物流施設 2017年9月
2017 年 09 月 26 日

東京と大阪で市況が大きく異なっている。賃料は首都圏では緩やかに上昇しているが、関西圏では供給急増を受け一時的に弱含みしている。(全文は英文のみ)

 

リサーチ検索結果: 8 件

 
物流施設 2017年3月

物流施設 2017年3月

2017 年 03 月 24 日

物流施設への投資意欲が引き続き堅調さを示す中、東京圏及び大阪圏の供給量は増加を続けている。大阪では稼働率がわずかに低下したが、底堅い物流産業の需要は長期的な賃料の増加を支えると見られる。(全文は英文のみ)

 
 
 
物流施設 2016年9月

物流施設 2016年9月

2016 年 09 月 21 日

物流施設の供給量は過去にない水準だが、需要の堅調さが稼働率を95%超に保っている。新規供給が吸収されている間は賃料は抑えらると見られる。しかし、多くの投資家が物流産業の底堅い需要を好機と捉えており、利回りの低下と供給の増加は継続すると予想される。(全文は英文のみ)

 
 
 
物流施設 - 1H 2016

物流施設 - 1H 2016

2016 年 04 月 06 日

日本経済と世界経済の見通しが2015年中頃より不透明感を増したが、投資需要は依然として堅調である。しかし、投資家と借主は今後の市場の展開に慎重になっている。(全文は英文のみ)

 
 
 
物流施設 2015年9月

物流施設 2015年9月

2015 年 09 月 14 日

eコマースと3PLに支えられた需要を背景に、物流施設市場は上昇基調を維持している。今後数年の間で多くの新規物流施設が竣工することから、供給が需要を上回る可能性がある。しかし、底堅い物流産業と国内の堅調な経済展望を受けて、物流施設市場は安定した成長を続けると予想される。(全文は英文のみ)

 
 
 
物流施設 - 2H 2011

物流施設 - 2H 2011

2012 年 03 月 07 日

震災後のサプライチェーン復旧への努力の甲斐もあって2011年下半期は荷動きが活発となった。史上最高レベルの稼働率は多くの物流施設の取引を生み、さらなる開発への足がかりとなっている。

 
 
 
物流施設 - 1H 2011

物流施設 - 1H 2011

2011 年 07 月 30 日

東日本大震災による生産能力の減少とサプライチェーンへの打撃はあったものの、高機能物流施設への需要には増加がみられた。デベロッパーが今後新規開発を増やすなかで、投資家の投資意欲は徐々に回復しつつある。

 
 
 
物流施設 - 2H 2010

物流施設 - 2H 2010

2011 年 03 月 11 日

数年間停止されてきた新規開発にようやく再開の兆しがみられ、それと同時に投資も活発化。物流施設だけでなく研究施設への投資も確認される。

 
 
 
物流施設 - 1H 2010

物流施設 - 1H 2010

2010 年 08 月 24 日

市場の回復基調と賃料の大幅な値下げが功を奏し、大規模物流施設の稼働率は徐々に改善の兆しをみせている。今後新規供給が先細ることもあり、需給バランスのタイト化、ひいては賃料のゆるやかな回復に期待がかかる。  

 
 
 

Key contacts

金子 哲也

金子 哲也

ディレクター、部長
リサーチ&
コンサルティング部

サヴィルズ・ジャパン株式会社

+81 3 6777 5192

 

管野 吉洋

管野 吉洋

アソシエイト
リサーチ&
コンサルティング部

サヴィルズ・ジャパン株式会社

+81 3 6777 5142

 

最新情報の配信登録

 

最新のリサーチレポートをEメールでお届けします。